『ふかふか』は、「子どもが真ん中の居場所」です。

子どもたちは草花。いろんな個性があっていい。
大地のような家庭に支えられて、成長する。
鎌倉の身近な自然のような地域の皆さんと、一緒に育っていきたい。
子どもたちも。私たちも。おひさまのように、広く見渡し手助けする行政とともに、
のびのびとあそぶ子どもたちを、
お月さまのように見守っていく私たちでありたい。

地域とのご縁を大切に。つなげていく。広がっていく。


鎌倉あそび基地(旧 梶原あそび基地)は、家庭でも学校でもない3つ目の子どもたちの居場所として、
地域の方と乳幼児親子や子どもたちをつなぐ交流の場として、
「梶原子ども会館」を行政と協働で、4年間運営してきました。
予想以上の来館者の増加と、地域の方々・大学生とのかかわりに、確かな手ごたえを感じた私たちは、
これまでの経験を生かし、さらに子どもたちの育つ環境を地域の方々と一緒に考えていくために、
法人化して事業の安定と内容の充実を図ることにしました。

2012年7月〜2016年9月までの記録はこちらからご覧ください。