『ふかふか』のお泊まり会

『ふかふか』は、私たちNPO法人鎌倉あそび基地が運営する施設の名前です。
ここで、「学童保育ふかふか」と「フリースクールLargo」ふたつの事業をメインに地域ぐるみの子育てを実践しています。
先日、ふかふか2度目の夏のお泊り会をしました。
今回は昨年にも増して盛りだくさん。
まずは毎月3回来てくれている、鎌倉てらこやの大学生が企画してくれたランチ会。
子どもたちと大学生がメニューから考えて、買い出し、一緒に作りました。

午後からは「きらくなえんにち」。『ふかふか』を作ってくれたきらくなたてものや日高保さん企画の、職人さんのプロの技を、子どもたちが間近に見られるイベント。
3回目のこの日は、念願の「ぴっかぴっかの泥団子」づくり。
このイベントでは、会員でない外部からの参加も受け付けました。
下は小学1年生から上は大学4年生、付き添いのお母さんも一緒になって、泥団子づくり。
左官職人として有名な賞も受賞しているスゴイ方に直接手ほどきを受けて、みんな真剣そのものでした。

参加者全員で記念写真を撮った後は、富士見町の野田の湯さんへ。モノレールにみんなで乗るだけでもウキウキ!
大人数で押しかけ、ご迷惑かけちゃうなあと心配だったのですが、子どもたちを温かく受け入れてくださり本当に感謝です。
風呂上がりのラムネやコーヒー牛乳を飲んだら、夕飯の食材、みんな大好きトーマス食品さんの「ぽりぽりめん」をお買い物。
スタッフが作っておいてくれた野菜たっぷりのあんかけをのせていただきました!

夜には、プレーリーダーのインディも駆けつけ、お泊りしてくれました。
連日の暑さの中、一日盛りだくさんだったこともあり、子どもたちは22時にはあっさり就寝。
翌朝はみんな5時に目が覚めました。それでも6時起床だからと数人の寝ている仲間を気遣って静かに過ごし、6時にみんな寝袋を片付け、お散歩に出発。
深沢多目的広場で有り余る元気を少し発散して朝ごはん。8時半に解散となりました。

フリースクール所属の子も学童所属の子も、みんな一緒に楽しさを共有できるのは『ふかふか』ならでは。
ちょっとしたことで悲しくなって泣き出しちゃう子も、ささいなことからケンカになってしまう子たちも、なかなか片付けできない子もいるけれど、みんな「この子はこういう子だ」とお互い受け入れて、認め合っている感じがすごくいい。
家でもない、学校でもない、『ふかふか』ならではの子どもたちの表情があって、それがすごくいいなあと思います。
関わってくださった地域の皆さま、本当にありがとうございました。

Largoブログ 全ての投稿