行ってきました キノコツアー!

東大異才発掘プロジェクトROCKETに在籍する山下光さんによる講義&キノコツアー。
Largoの子ども達に加え、自主保育のお母さんと小さなお子さんなど様々な年代が集まりました。

まずは、ふかふかにて座学から!

日本には2500種類ものキノコがあるらしく新種を見つけるのは割と容易なんだそうです。
丁寧に作り込んでくれた30分ほどのスライドの講義の後はいよいよ山へ出発です。

向かう道中でも注意深く見るとたくさんキノコが生えている事に気付き、光さんに『このキノコはなんですか?』と次々に質問します。光さんの丁寧な解説に皆んな熱心に耳を傾けていました。

そうしてるうちに公園に到着。数日前の雨とその後の晴れ間のお陰でキノコが発生する条件は良かった様です。次々に皆んなキノコを見つけ、中々先へ進まないほどでした。

川の中に生えていたり木に張り付いていたり。皆んなのテンションは上がりっ放しです。

もうお昼ご飯を食べないと…という時間にあっという間に差しかかり少し早足で移動。広場のど真ん中にシートを広げ皆んなで食べたお弁当は格別でした。

その後ふかふかに戻り、机に採取したキノコを並べ品評会。それぞれにキノコの名前を記してくれ解説してくれました。質問も飛び交い、よりキノコへの知識も深まりました。

枝に付いているグミのようなキノコ、オレンジのキノコ、可愛らしいキノコ。
中には『アシボソノボリリュウ』なんていう縁起の良い名前のキノコも採取できましたよ!

これから山での楽しみ方が一つ増えました。やっぱり五感で学ぶのは楽しいですね♪
この日の為に準備をしてくれた光さん、サポートをして下さった光さんのお母さま、参加して下さった皆さん、有難うございました!

また季節の違う時にキノコツアーを開催したいと思っています。お楽しみに!!

 

Largoブログ 全ての投稿