【FMヨコハマ LovelyDay♡】〜子どもの居場所作り〜

代表水澤がFMヨコハマLovelyDay♡ 2021.1.19放送回に出演しました。
放送時間がラルゴの開室時間中だったので、みんなで一緒に聴きました♪
まずは水澤の経歴から。
子どもの居場所作りに関わるきっかけとなった自主保育の話しや、冒険遊び場、子ども会館の運営に関わってきたというお話しは、初耳の子ども達もいたかな?
みんな静かに耳を傾けていました。(静かすぎてびっくりするくらい 笑)

次に学童ふかふかの紹介に話が進みます。
ラルゴの子ども達も数名、学童の時間まで残って活動をしていますが、交流が無く、どんな事をしているのか詳しく知らない子も多いです。
来年度は定員いっぱい40人の利用を予定しているほど、地域の人に必要とされている施設だという事、
何より、ラルゴと同じく一人ひとりの子どもを大切にしてふかふかも運営されている、という話を聞いてもらえる良い機会になって、嬉しく思いました。

嵐の曲を挟んでラルゴの話になると、
「そうそう、ラルゴはそういう場所だよね~」という雰囲気で、それぞれが絵を描いたりゲームをしたり、良い塩梅で流し聴きをしていたのが印象的でした。
スタッフは自身の子どもが不登校を経験した人も多い事や、日々自由に過ごしながら「好き・得意」を伸ばすために、地域のプロと繋がって活動をしている事例もご紹介しました。
「今、君の話ししてるよー!」とスタッフが笑いかけたり、ふらっと立ち寄ってくださった地域の方も、うなずきながらじっくりと聴いてくださっていました。
水澤が話していた”多年代のスタッフが多面的に子ども達を見守っている”ところは、私が鎌倉あそび基地の好きなところの一つです。
子ども達のそのままを受け入れて、保護者の方も気持ちが軽くなるような活動をこれからも続けていきたいと思います。

放送後1週間はradikoで聴けますのでぜひ!

お知らせ 全ての投稿