エンカレ レポート⑥「SDGsをホリケンと学ぼう」「ホリケンにお笑いを学ぼう」

エンカレ最後の6講座目前半は、お笑い芸人 ネプチューン ホリケンこと堀内健さんと一緒に東洋学園大学教授 古屋力先生から”持続可能な開発目標「SDGs」”を学びました。

実はホリケンはLargoファシリテーターの滝田さんが中学校で先生をしていた時の教え子なんです!
そんなホリケン、SDGsは初めて知る活動、とのこと。会場の皆さんと一緒に古屋先生より、”温暖化は深刻な事になっている”という事や”いじめを解決するにはまずは自分が幸せになろう”など大事なお話を沢山伺いました。一見難しそうなお話を子ども達は本当に真剣に聴いてくれました。
ホリケンの”お笑いで人を楽しませたい”という思いもSDGsの理念に繋がっている、という気付きもありました。

社会はみんなで作っていくという事、SDGsの17の目標は1つに繋がっていてそれらの目標を目指す事で自分も周りも幸せになっていく、、というお話は、未来に光を見出せるとても前向きな学びでした。
鎌倉あそび基地は”持続して”SDGsのワークを発信していきます!

そして後半はお待ちかね、ホリケンお笑いワークショップ!!

なんと打ち合わせにはなかった、ふかふかの竹馬でホリケン登場!このキテレツさ、テレビで見るホリケンです!!
ホリケンへ質問のある子が手を挙げ、『どうして自己紹介でイケメン俳優の名前を出すの?』『好きなキャラクターはなんですか?』と次々にホリケンへ投げかけます。ホリケンも『イケメン俳優の名前を言うと、自分と似ても似つかないから面白いかなと思って言っています!』などそれぞれ丁寧に答えてくれました。

そして手を挙げた子との漫才コーナー!!全くのアドリブで繰り広げる子どもとの掛け合いに会場中大爆笑!熱気あふれる時間でした。

印象に残ったことは、積極的に手を挙げ前に出た子の多くが学校に行っていなかったり、とてもやんちゃでエネルギーが強い子達でした。その子達のキラキラした表情を見て、型にハマらずどこまでも突き抜けていって欲しい、、と心から思いました。それを受容できる大人、場所が沢山増えると良いですね!
『ふかふか』がそんな場所であるよう、これからも活動していきます。

あの時間を皆で共有でき、大笑いできたことは鎌倉あそび基地の大切な財産となりました。

3日間に渡った『カッコいい大人達に出逢い、学ぶ』エンカレ オープニングイベント。いかがだったでしょうか?

会場にお越し頂いた沢山の皆さま、本当に本当にありがとうございました!!

Largoブログ 全ての投稿